有限会社カイセイ

加工説明

旋盤加工

旋削加工は、回転している品物に工具を当てて移動させることにより、望みの形状寸法に加工する方法で、基本的には丸い部品を形成するのに用います。
旋削加工に用いる機械を旋盤といい、もっともポピュラーな工作機械のひとつです。対象とする品物に応じてNC旋盤など各種の旋盤があります。

フライス加工

旋盤とは逆に刃物が回転し 切削物を動かして切削する工作機械をフライス盤と呼びます。形も色々でヘッド(主軸)を動かすタイプ、テーブルを動かすタイプなどで 種類分けをします。フライス切削の種類には、平面、側面、段、溝、T溝、切断、すり割り、総形、ねじれ、円周、穴あけ、穴ぐりがあります。

研削加工

一般には定寸切込み加工で形状を仕上げるのが研削加工で、定圧加工で表面粗さを向上させるのが研磨加工です。
研削加工は研削盤に取り付けた砥石によって工作物表面を削る加工法です。研削では砥石の周速は工作物の相対速度に比べて非常に早く、削り代も数ミクロン程度と微小であるので表面粗さがサブミクロン以下の精密加工が可能で、大量生産にも適用できます。

プレス加工

板材のプレス成形は深絞り、張出し、伸びフラジ、曲げの基本的な変形形態に 分類され、複雑な成形であってもこれらが複合された形で行われます。 

熱処理

鋼を加熱冷却し機械部品などが実用に耐えるように所要の性質を与えるのが熱処理です。
焼入れ・焼戻し、焼なまし、焼ならしなどの熱処理を行なうことにより、材料を硬く、軟らかく、強靭にしたり、また、さび難くして目的に応じて様々な特性を得ることができます。

メッキ加工

メッキ加工には電気メッキ、無電解メッキ(化学メッキ)、溶融メッキ、分散メッキ(複合メッキ)、電鋳、陽極酸化などがあります。